子どもはだんだんに意欲を失っていきます

育てられる可能性もありますが

お子さんは「なぜ公園では走っていいのに、道路ではダメなんだろう」と、走ってよい場所、ダメな場所の区別が理解できていないことが多いのでこのゲームはしつけの一環としても利用できます。章子どもの心がわからなくても自己肯定感や意欲が育っていれば大丈夫です自己肯定感と意欲は子どもの成長にとってもっとも大切なものです気持ちよく、楽しく過ごすためにお子さんがどんなタイプの個性の持ち主であっても大切なことは「自己肯定感」と「意欲」を持つことです。ここで改めて説明すると、「自己肯定感」とは他人から評価されることによって生まれる「自分は大丈夫」「自分はできる」といった肯定的な感情のことです。「自己肯定感」があれば自分の行動に自信を持つことができ、いろいろなことに興味を持って挑戦する人間へと成長できます。成のもな子大欲ととも人間が成長するためには、目の前の課題を越えることが必要です。

したがって、個性豊かなお子さんの場合、年齢に応じた発達課題とその課題を乗り越えるための支援のポイントを知ることが大切ですそうすることで、お子さんが自己肯定感を失うことなく年齢に応じた意欲を持つことができます。「できないこと」よりも「できること」を探してあげましょう個性的なお子さんは「生まれつき持っているカの、デコボコが大きい」ことがあります。「できること」と「できないことの差が極端に大きいのです。だから、できないことばかりを見られると「ダメな子」に思われがちです。でも、「デコボコが大きい」ということは、「できること」のほうに注目してあげると「この子はすごい!」という能力が眠っているかもしれません。

この短期記憶をする脳を育てるには


子どもに自分はこうしたいという考え方が芽生えたのなら

息子さんは電車好きですか?では乗り物はどうですか?それから昆虫は?お母さんは基本的にあんまり興味や関心が持ちにくいと思いますが、たいていの男の子たちがとても好きなものです。大好物です。保育所などでも、電車や汽車のおもちゃは圧倒的に男の子の食いつきがいいです。出すと取り合いになり、そしてずーっと遊び続けています。女の子はそれを横目で見ながらガキねー!」という感じです。一緒に遊んでいる女の子もいますが、男の子ほど集中していませんし、また遊びも広がりにくい感じを受けます。

幼児は本能的に知っていますだから

同様に、これらの図鑑なども男の子は大好きでしょう。ずーっと眺めており、何度も読まされます。絵本と違って図鑑は、物の名前と特徴などが書いてあるだけですから、読まされるほうは苦痛です。ii冗そして仕方なく図鑑を読むと、食い入るように見ます。目をキラキラとさせ、「はしご車の放水のシーン」……その良さがさっぱりわからないところに限って「トラックのタイヤの大きさ」「もう一回読んで!」と食いついてきます。ある意味拷問ですね。「無限車·電車図鑑地獄」です。


育児が行われていますそこで

教育を受けているのである

圧力を加え合うバランスがよくとれていればは健康なのです。「外界」からの多少の圧力には負けずに、主体性を持って、生き生きとした楽な目で、幸福感や愛情に満ちた人生を過ごすことができます。しかし、自分の「存在感」が弱く育っていると、外界からの圧力を強く受けてしまって自分のr存在感」が潰れてしまい、かかわり合いが正常にできなくなります。その結果、緊張、不安、いらつき、怒り、対人·対物恐怖、不登校、不勉強、いじめ、犯罪、殺人、自殺、反社会的行為、シンナー遊び、ノイローゼうつ病、分裂病などのこころの病になるのです。精神科の教科書に書いてある多くの病気や症状は、「存在感」と「外界」との圧力関係で説明できます。

子どものちょっと前の姿と見比べれば


伸ばしてあげたい!

「存在感」をしっかり持っている人の性格とは、どのようなものでしょう。むだな緊張がなく、優しい目つきで他人の目をしっかり見られる。理由もない不安感や孤独感やいらつきをいだいて落ち込むことがない。少し挙げてみます。生き生きとした表情があり、その言動が本心から出たもので芝居がかっていない。自信を持っているので、威張ったり他人の悪口をあまり言わない。

  • 食事のときにはきちっと座る-という教育も
  • 成績の悪い子は淋しい思いをしているので淋しい思いをしている幼児は
  • 子どもたちの気持ちも収まりやすくなりまそのとき

子供の顔が輝いていないとしたら

子どもの気持になって考える力があるかどうかにかかっその翌日

我々人間は決して人間だけでは生きていけない。あらゆる生物のつながりの一つとして人間が存在するだけだ。その生き物のつながりから切り放されては人間は生きていけない。それなのに、不潔だからとか、気持ち悪いからと言って、虫やカエルなどの生き物を遠ざけて、子どもに見せないで育てていくのは危険だろう。犬や猫などは可愛いから近くにいても良いらしく、それらと触れ合っていれば、生き物に対する慈愛の心は十分に培われると思っているのだろうか?それは慈愛などと言うものではない。

愛玩動物と言われるとおり、それは単に愛着しておもちゃのように扱っているだけだ。確かに情が通ってきて、そのペット死ねば悲しみもするだろう。しかし、それは本当に命のつながりを感じてのことか?違う、ただ愛着していたものが消えた喪失感だ。だから、そう言う人はいつまでも命と言うものと本気では向き合えない。どのような生き物であっても命があるのだ。

教育しおもしろくない面のあることにも触れておきたい戦後


教育を忘れた家庭

青二才の教師にこどもをまかせておかれるか、という気になるかもしれない。だからといって、こどもの前で、学校や教師の批判をしても、結果は悪くなるばかりである教育は奇蹟を期待する。理屈だけでは片付かないところがいっぱいある。教わる側で自分の先生ほどいい先生はないと思ったときのみ、奇蹟は起こってくれる。そのためにも、現代においてもオシッコをしない先生がもっとたくさんいてほしいように思うのである。

子どもの成長にしたがって

ニュース恐怖症滋賀県のある町で中学生グループの殺傷事件がおこった。その夜中のことだというからまさに常軌を逸している。いっしょにマージャンをやって同じ家に泊まったこの事件についての新聞報道で気になったことがある。現場を調べた警察の係官が「学校がもうすこししっかりした生徒指導をしていれば、こういう事件も防げたのではないか」とのべたように書かれている。警察はいつから評論家になったのだろうか。


育児の中で行うより仕方ないでしょう

子どもがいろいろがまんをしているようなら

中には学校の勉強は全くできずに遊んでばかりでいた子どもが、大人になって社会できちんと振る舞って要るようなこともある。それを見て、学校の勉強などしなくても良いんだと言う人もいるが、それは考えものだろう。しかし、遊びで得た体験によっては、学校の勉強がかすんでしまうくらいに大きな学びがあることもあるし、それが支えになることもあるだろう。それだけに、親は遊びというものをただの暇つぶしのようにとらえていてはいけない。遊びは学びや体験の場なのだと認識していることで、子どもが小さい時に、意図的に様々な遊びを教えようと思えるようになるだろう。

子どももいますがそのような子どもでも


幼児たちの嬉しい変化や楽しいご報告もあるでしょう

聞けば普通のことと思うかも知れないが、積み木、ブロックはさみと糊を使った簡単な工作しりとり遊び虫採り散歩中の観察などは、大人であれば特に得手不得手の関係無しに、子どもとしてやることができるだろう。少し大きくなれば、キャッチボールをしたり、模型作りをしたりもできる。お金を出して誰かに任せるのではなく、できる限り親が遊びを教えるのだ。親はいろいろと忙しくて疲れているだろう。そのために、おもちゃを与えてがちゃがちゃやらせておけば良いと言うような育て方になりがちだが、また、そのようなことをしていても学びもない。

  • 一三歳のころにいたずらをすることのできなかった子どもは
  • しつけは家庭で行なわれることを知ってもらうことから始まる
  • 育て方でお菓子が欲しいといえば