幼児に習わせたいと思うし

育児に関心をもっているようなことを言うがその実案外

子どもは6才ごろになると大人と対等に話ができるようになり

すると子どもは「話を聞いてもらった」という満足感を得て、相手の立場を慮れるようになっていきます。「ホメオスタシス(恒常性)」ホメオスタシスという言葉をご存知ですか?知人からこの言葉を聞いた時、なるほどと思い、になりました。ホメオスタシスというのは「恒常性」に逆行する性質ともとれます。という意味で、人間にはもともと備わっているものです。その変化が進化であれ退化であれ、どちらにせよいつもやってきたことが崩れることに対して、人間はもともと抵抗するものだそうです。

幼児にたくさんすることです

つまり、意識してやっとできるようになったことも、その恒常性により「もとに戻ろう」という力が無意識のうちに働くのです。そこを乗り越えて、良くなった状態を当たり前にし恒常化させるまで継続することが重要になります。ぼく自身、さまざまな目標を立て、毎日続けるためにがんばろうとするのですが、ると三日坊主に終わることがあります(笑)。あまりに高い目標を立て続かなければ当然効果はなく、やらなかったのと同じになってしまいます。ホメオスタシスを考えれば、いつもより少しがんばることを継続し、それが当たり前のラインまで上がってきたところで、また少し上を目指して目標を立てるというやり方が、効率よく確実に成果を出す方法なのだと思いますたとえば、一年後にフルマラソンを完走するぞと思って、翌日から四0m走り込める人はいません。

 

しつけに対してえらそうな口をきいている経済界も以前は

子どもの情緒の発達が順調に行われていることを意味しますもしこのころにそこで母親に、彼女が育った頃の家庭の話をたずねました。母親が答えるには、「この子がゼロ歳の時にそんなあらそいが確かにあったように思います。夫側の祖母と祖父はとても仲が悪くて私も苦労しました。しかし、まさかゼロ歳の頃のことを子どもが覚えていないでしょう。まさか……」とつぶやきました。心身症になりやすいほかの原因をもう少し挙げましょう。

子どもに00をさせるということはしませんゼロ歳の時に抱いて育てるのはよいのですが、大人たちが抱き回してはいけないということは前でも述べました。「存在感」の芯になるものが分散されてしまうからです。生後の初期、少なくとも三カ月間は、母親だけがよく抱くことが大切です。そのあとは、父親が抱いても、祖父母が抱いても一向にかまいません。母親以外の人が初期に抱いてはいけないと言っても少しぐらいならよいのです。

幼児によく言うセリフですね

自分で予定をたてさせると、子どもは「勝手に集中はじめのうちは、いきなり言葉で伝える(聴覚からの刺激)だけでは、子どもの理解が難しいことはもちろんあります。画用紙にごじゃる丸のイラスト、バスの絵を描き、それを矢印でつなぎます。それを毎朝見ながら行動することで、視覚からの刺激を使って脳にそのイメージをその場合は、入れることができます。同じように園から帰宅した夕方以降の生活に関しても、とくに毎日繰り返されることに関しては、予定をチャート化して、それに従って行動する1臟をするとかでしょう。そして最終的に、、、「自分で」たてる習慣をつけさせられれば、集中脳は完成に近いと思ってください。

育児の母子手帳小学校四年のときに母を失った

教育はあまりにも女性的であるたとえばお友達と遊んで帰る時刻になっても、楽しくて帰りたくなくなり大泣きすることはよくありますが、うまく脳が育ってきた年長児くらいになると、お母さんが、「明日はまた幼稚園があるから、5時になったらお家に帰って、ご飯を食べて寝なければいけないけど、土曜日だったら次の日はお休みだから、6時まで遊んでもいいよ」「じゃあ今日は我慢してお家に帰る。また土曜に、6時まで遊ぶ」と自分で決めて言うことができるようになってきます。見集中とは関係なさそうに思えるかもしれませんが、こういう子どもは小学生になって、1今11は時からのメを見たいからそれはでに宿題とお風呂と晚ご飯を終わらせようる。そのあとお風呂が30分、ママが晩ご飯は6時からって言ったから間に合う間に合う。ね、11の宿題は計算ドリル1ヅで人休20分で終わるからママ、7時から7時半までアニメ見ていい?」今5時だから5時20分には終わと言える(考えられる)ようになります。

幼児の化学的好奇心の芽を摘まないように

育児は始まる

子どもの心にも温かさが豊かになっていくものです

ただしお母さんが心男の子一人ひとりが必ず自ら育つ力を備えています。しかしお母さんも含めて周りの大人や社会が、その力を信じていません。そして待つことができません。だからいろいろなことを周りの大人がすぐにやってしまい、男の子が本当の力を発揮する機会がなくなっています。その本当の力を待ってあげてください。男の子は叱られるようなことが大好きです。

教育者が年の割に若いのは

お母さんはそのような場面が大嫌いです。けれどそのときに「まあ-いいか!」という、ええかげんな対応をしてあげてください。10回叱ることがあれば、少し減らして半分の6回ぐらいに抑えてもらえませんか。そしてその中でお母さんの思いが伝わるのは、またその半分の3回くらいでどうでしょうか?つまり10戦で3勝7敗ぐらいです。プロ野球の選手でも、つの極意でしょう。

 

育児に対する関心が高まっているように感じられるもっともこれまでも

子どもだけで行動する範囲が広がったら携帯を持たせたほうが安心?8才こうなっては、私が子どもの病気を治すだけでは意味がありません。夫婦が仲よくなければ子どものこころは育ちません。子どもが病気の時こそ、父親は母親の不安や心配を支えて勇気づけなければ夫婦仲はよくならないのです。ですから私は、父親も病院へ一緒に来ていただくのです。子どもの判断·行動の鍵は母親が握る小児外来の診察の時に、私はある実験をよくします。

幼児友だちに興味を持ち始める年齢はそれは、子どもが診察室へ緊張して入ってきた時に私が母親とじゃんけんを五回ほどして遊ぶのです。少しおおげさに勝った負けたと言って、本気になって遊ぶふりをしますと、それを見ていた子どもは、私に対する緊張がすぐにとけて、にこやかになります。私と遊んでもよいという許可が母親からおりたと感じて、母親を介して、私にかかわり合ってくるのですこのような実験をしますと、お母さんはびっくりします。子どものこころの変化の速さにおどろかれるからです。この実験からわかるのは、子どもの判断や行動を決める鍵を握っているのは母親だということです。

育てのためにも

中には、子どもがたどたどしいながらも、せっかく自分で症状を話しはじめているのに、母親が話を横どりして、しゃべってしまうこともあります。これは母親が口出しというやり方で、子どもを自分の所有物にとり込んでいるのです。しょゆうぶつこんな時、「私はこの青年に症状をたずねているのですよ。この青年はもう半分以上は大人なのですから」と私は母親に言います。それだけで、はっと気づく母親も多いのですが、怖い顔をして私をにらみつける母親しばふじん大学受験の日に大学構内の芝生に陣どっている、じられる光景です。

子どもたちをお風呂に入れて

育てるという気持ちが必要になるで息子とお父さんは似たようなものです心配そうな母親の姿は、私どもの年代の人間には奇異に感これらの母親は、青年になった子どもをいまだに自分の所有物のように感じ、です。このような現象を心理学では「母子分離不安」による「母子長期癒着」もづくりです。母親が子離れできていないのと言います。マザコンの子どゆちやくなぜそのように、子離れができないのか、理由はいろいろあります。○母親のこころが未熟で、癒着したこころの関係でないと愛情を感じることができない。

幼児の成長にしたがって

幼児はストレスがあふれ出す引き金を引いてしまったのかもしれませんが

幼児がとっても大切なことを学ぶということムシさんたちには申し訳ないのですが

それに対する根本的な対策は立ててもらえと言われた例もありましたが、「お友だちができにくい」なかったのですこのことは、子どもに自発的な遊びや生活をさせていない保育が行われていたことを意味しています。統制の中に子どもをおくような保育からは、自発性の発達の遅れを発見することはできません。保育者の指示に従って子どもが動いてくれさえすれば満足している保育者の目には、自発性の発達の遅れは映ってきません。私たちの夏季合宿では、その点がはっきりします。子どもに遊びと生活をまかせることになっていますから子どもは自分で遊びを見つけなければならないし、自分で生活をしなければならない状況におかれます。

子どもは正しい断り方を身をもつて知ります

そうなりますと、自発性の発達の遅れている子どもたちは、友だちの遊びを傍観していたり、何をするともなくうろうろしています。またこれをしてもいいの?といちいち聞きにくる子どもがいましたが「自分で考えてごらん!と言われると、何もできなくなってしまうのです。このような子どもは、二割以上もいましたし、増加している登校拒否児の予備軍ともいえるでしょう。生活習慣もすっかり乱れ、顔も洗わないし、われたからしていたにすぎなかったのです。歯も磨かない子どももいます。それは過去においては、このような子どもたちについて、「幼稚園の先生から何か言われませんでしたか?」と聞いてみても、何も言われなかったと答える母親が多いのですが「よいお子さんです」と言われていた例さえあります。

 

コミュニケーションもある

しつけ法で禁止されています学校での粉ミルクづくりも、おむつをかえるのも、皆私がやっています。母親にミルクをつくらせると、哺乳びんを五回も六回も消毒して1時間以上かかるのです。おむつを一回かえるのに、11時間もかかるのです」と御主人は真剣にそんな話をしながら、でも笑顔をたやしません私は御主人に、なぜそのような状況になるのかということから話しはじめました「このような状態を世間では育児ノイローゼとか、マタニティーブルーとか、産後のうつ病と言っています。その直接のきっかけは育児なのですが、もともと母親に、そのようになる素因があるのです。奥さん自身が育つ時、特に奥さんがゼロ歳の時にきっと何か問題があったはずです」と切り出しましたはたせるかな、奥さんの育ちは不幸でした。

子どもがあるとすればこの奥さんが生まれる直前に父親が蒸発し、母親は止むなく赤ちゃんを近所の人に保育料を払ってあずけて働きに出たとのことです。この御主人は、その不幸な生い立ちも知っていて、自分の力でこの人を幸福にしてやろう、と考えて結婚したのです。すばらしい愛情に満ちた御私は、赤ちゃんと母親の一体化のこと、母親の一時的な赤ちゃん返りのこと、分の「存在感」が縮小して後退することなどを話しました。母子癒着のこころのこと、そして「『存在感』の確かさにはいろいろな程度があります。『存在感』がもともと稀薄な場合、ひどい時には、自分の赤ちゃんの泣き声を聞くだけでパニック状態になることもあります。

幼児の中から

ニンジンと虫歯予防について書かれた文献が見当たりませんので、これが正しいかどうかは分かりませんが、四六時中ニンジンを食べていた私の了供に虫歯が一本も無い事だけは事実です。因みに、子供がニンジン好きになってしまった原因は私にあります。子供が幼稚園の時に好きだったのが「ウサギ」です。そこで、ニンジン嫌いやピーマン嫌いにならない様に刷り込みを試みたのです。その方法は「00ちゃんはウサギさん好き?」と聞くと「ウサギさん大好き」と答えました。

いじめによって不登校になった子どもたち

幼児とはつき合いにくいのでそこで「ウサギさんはニンジンやピーマンが大好きなんだよ、きっと00ちゃんもニンジンやピーマンを食べると、ウサギさんみたいに可愛くなれるよ」と言ったのです。すると子供は「私、ニンジン食べる!」と言って、それからニンジン娘になりました。またニンジンだけでなく、ピーマンも生で食べるほど好物になってしまいました。恐らく、好き嫌いの意識がハッキリする前に、子供が好きな動物の好物として刷り込みを入れると、ニンジン嫌いやピーマン嫌いの予防になるのかもしれません。心配する気持ちを伝える私は子供に携帯電話を持たせずに育てました。

子どもは泣いて自分の要求を叶えてきた経緯があるからですでもそれは

子どもの言葉を引き出す会話をして

育ての中では自分を認められる脳
決して空気中のホコリを眺めているわけではありません。無表情なのはそして、いったん「スタート!」の火ぶたが切って落とされたらどうでしよう。他の追随を許さぬほどの集中力、観察力、持続力を発揮します。静かな、けれど強いオーラを発してその背後には、めらめらと揺れる炎が見えるようです。「もういいんじゃない?」「そろそろおしまいにしようよ」そんな甘い誘惑には断じて乗りません。美学、信念、生きる道です。

幼児が何と多いことでしょうしかし
キッとにらまれます。放っておきましょう。それが彼ら·彼女らの「盛り上がってるか「いえ、べつに」のりの良さにはついてきません。一定なんです、一人でいるのも苦になりません。「熟に時間をさけるからです。類いまれなる頭脳と継続力。機械のように正確かつ器用な指先歩くコンピュータと呼ばれる日も近いでじっくりさんのママが感じること·うまいもんだわ友達と遊んだら^.Tシャツの裾はインしなくていいから、アリ見てないで、キリン見ようよ動物園に来たんだからいいじゃん、手に砂がついたくらい、箱は捨てようよ、箱はおばあちゃんの発音が気になる「キテーちゃん」「ステッチ」じっくりさんエピソード主人公テレビで見かけた少年鉄ちゃんタイトル「6時5分」文字や数字、考え事LOVE。好きになったら、それ一筋その集中力たるや、大人顔負けです。

子どもとともにいて落ちついた生活をすることや

おおらかな気持ちで見守ってあげてください。ケンカで鍛える人間関係力ケンカは本当に悪いこと?「ケンカはダメ!「ケンカは悪いこと!おうちでも、幼稚園や保育園でも、当たり前のように繰り返されますけれど、本当にケンカは悪いことなんでしょ自分のことをわかってもらいたくて、でもわかってもらえなくて、でもうまく伝えられなくて……。上手に言葉にすることができません。男の子はそういうのが特に下手ですから、なおさらもどかしい。相手を押してしまったり、叩いてしまったり、かみついてしまったりするわけです幼い子はそんな気持ちをどうしようもなくなって叩いたり、かみついてしまったりということはもちろん良くはないことですしかし、そうまでして自分のことを理解してもらいたいという意欲は、大事にしてあげたいですよね。

育てや早寝早起きそれがなくなったら、誰とも親密な人間関係の結べない人のことを心から信頼することのできない、どこかよそよそしい人間になっちやうんじゃないかと思います。「ケンカすら」できない人間になっちやうんじゃないかと思います。よく耳にするのが、新入社員をちょっぴり叱ったら、翌日から会社に来なくなっちゃつたという話傷つきやすいんでしょうね。小さいころに、ケンカをしてでも自分を理解し、相手を理解する経験を豊富に積んでいたならちょっとやそっとのことで傷ついて、人間関係を深めることをあきらめるような人にはならなかったのではないかと思います。また、ちょっと利害がぶつかり合っただけで絶交してしまい、本当に以後まったく口も聞かなくなってしまう……とか。

子どもが沢山集まると

これは恐怖以外の何ものでもない。その恐怖を取り除いてくれる唯·の存在。それが親だ。親は子どもがこの世に生を受けてから片時も離れることなく、子どもを守っている(現代ではそうでないことも少なくないが)。子どもに自我が芽生え、親と自分が別々の存在であると認識するまでは、親は子どもにとって自分の命を保証する安全装置そのものだ。だから、子どもは親が離れると、親を求めて泣くのだ。

しつけるのではなく

命の危機を感じてパニックを起こしているのだ。生まれてから少しずつ、親と自分とは別々の存在であることに気付きだしても、親に守られているから自分が生きていくことができるという事実は変わらない。そして、それは子どもがそう思っているだけでなく、実際に親の多くもまた自分の命をなげうってでも子どもを守ろうと思っている。逆にそう言う覚悟のない親に育てられた子どもは可哀想だ。いつの瞬間も、本当に自分は守られているという安心感を感じることができないで過ごすことになる。

      幼児に質問を繰り返すことにより
      幼児は親に認められたり
      幼児に接していると