子供の顔が輝いていないとしたら

子どもの気持になって考える力があるかどうかにかかっその翌日

我々人間は決して人間だけでは生きていけない。あらゆる生物のつながりの一つとして人間が存在するだけだ。その生き物のつながりから切り放されては人間は生きていけない。それなのに、不潔だからとか、気持ち悪いからと言って、虫やカエルなどの生き物を遠ざけて、子どもに見せないで育てていくのは危険だろう。犬や猫などは可愛いから近くにいても良いらしく、それらと触れ合っていれば、生き物に対する慈愛の心は十分に培われると思っているのだろうか?それは慈愛などと言うものではない。

愛玩動物と言われるとおり、それは単に愛着しておもちゃのように扱っているだけだ。確かに情が通ってきて、そのペット死ねば悲しみもするだろう。しかし、それは本当に命のつながりを感じてのことか?違う、ただ愛着していたものが消えた喪失感だ。だから、そう言う人はいつまでも命と言うものと本気では向き合えない。どのような生き物であっても命があるのだ。

教育しおもしろくない面のあることにも触れておきたい戦後


教育を忘れた家庭

青二才の教師にこどもをまかせておかれるか、という気になるかもしれない。だからといって、こどもの前で、学校や教師の批判をしても、結果は悪くなるばかりである教育は奇蹟を期待する。理屈だけでは片付かないところがいっぱいある。教わる側で自分の先生ほどいい先生はないと思ったときのみ、奇蹟は起こってくれる。そのためにも、現代においてもオシッコをしない先生がもっとたくさんいてほしいように思うのである。

子どもの成長にしたがって

ニュース恐怖症滋賀県のある町で中学生グループの殺傷事件がおこった。その夜中のことだというからまさに常軌を逸している。いっしょにマージャンをやって同じ家に泊まったこの事件についての新聞報道で気になったことがある。現場を調べた警察の係官が「学校がもうすこししっかりした生徒指導をしていれば、こういう事件も防げたのではないか」とのべたように書かれている。警察はいつから評論家になったのだろうか。


育児の中で行うより仕方ないでしょう

子どもがいろいろがまんをしているようなら

中には学校の勉強は全くできずに遊んでばかりでいた子どもが、大人になって社会できちんと振る舞って要るようなこともある。それを見て、学校の勉強などしなくても良いんだと言う人もいるが、それは考えものだろう。しかし、遊びで得た体験によっては、学校の勉強がかすんでしまうくらいに大きな学びがあることもあるし、それが支えになることもあるだろう。それだけに、親は遊びというものをただの暇つぶしのようにとらえていてはいけない。遊びは学びや体験の場なのだと認識していることで、子どもが小さい時に、意図的に様々な遊びを教えようと思えるようになるだろう。

子どももいますがそのような子どもでも


幼児たちの嬉しい変化や楽しいご報告もあるでしょう

聞けば普通のことと思うかも知れないが、積み木、ブロックはさみと糊を使った簡単な工作しりとり遊び虫採り散歩中の観察などは、大人であれば特に得手不得手の関係無しに、子どもとしてやることができるだろう。少し大きくなれば、キャッチボールをしたり、模型作りをしたりもできる。お金を出して誰かに任せるのではなく、できる限り親が遊びを教えるのだ。親はいろいろと忙しくて疲れているだろう。そのために、おもちゃを与えてがちゃがちゃやらせておけば良いと言うような育て方になりがちだが、また、そのようなことをしていても学びもない。

  • 一三歳のころにいたずらをすることのできなかった子どもは
  • しつけは家庭で行なわれることを知ってもらうことから始まる
  • 育て方でお菓子が欲しいといえば

子どもの口数が少なく

幼児に謝ってみてください

子どもの考え方を少しずつ認めるようにしてあげてほしいのです

ともに手を携えて叱らなくていいし気持ち「叱らない」◆ルーティンで叱っても意味がないお母さんが息子さんを叱るとき、「よーし今から叱るぞ!」と、気合いを入れてから叱っていますか?あまりそのようなことはないと思います。よほど大きなことをしでかしたときでしょう。妙に冷静になったり、声のトーンが少し低くなったりして、独特の雰囲気を醸し出していると思います。「ちょっとここにきて。お話があるからね」男の子は普段は何も気づかない鈍感な生き物なのですが、恐怖に対しては意外に敏感です。その瞬間に「あつやばい!」とは思っているはずです。

子どもが実際に事故や事件にあってしまったら

頭の中で高速で、今から何が始まるのか?そしてどうなるかを考えていると思います。(あーなんやろ?むちゃくちゃ怒ってるなぁ、お母さん。隠してたテスト見つかった?コップ割ったことかな?わからんように片づけたのに。それとも妹の人形の髪の毛切ったことがバレたのかな?なんやろー?おそろしや……)まあこのような状況では、息子にはあきらめてもらい、しっかりと叱ってもらったらいいと思います。しかし多くの叱る場面では、ほとんど反射的に「何しているの!」「ダメでしょ!」「やめなさい!」などと言って叱っているのではないでしょうか。

 

幼児とけんか腰になっている例もあるのです

育てる上での順番や具体的な方法をご紹介していきたいと思いますそしてその中でお母さんの思いが伝わるのは、またその半分の3回くらいでどうでしょうか?つまり10戦で3勝7敗ぐらいです。プロ野球の選手でも、つの極意でしょう。3割バッターはなかなかの強打者です。10割を目指すのではなく、3割程度の柔らかさの中で息子を認めて、そして育ててほしいと思います。これが男の子を育てるひと男の子恐るべしです。どこまでも調子に乗ります。とことんいってしまいます。

しつけは熱い鉄を打たなくてはいけないとで人の能力にはさほど大きな違いはありませんが、「やる気」には人によって何倍もの差が出ると思います。ほめることで、子どもがいろんなことにやる気を見せて、好きにそして得意になってほしいと思います。つまり「ほめる」とは、子どもの良いところ、素晴らしいところ、得意なところを見つけて、お母さんがプラスの思いを持ち、それを言葉や表情にして、こうして息子さんが自分自身に肯定的な感情を持ち、ほめてくれたお母さんを大好きになるという、とても好循環のサイクル活動ができます。だからうまくほめましょう。親子の素敵な関係づくりのためにも。良いメッセージを送るということです。どこをほめたら喜ぶのか。

幼児たちもそれを歓迎するでしょうそして

「ひと手間かけること心豊かな子育てになります「ほかの子よりも、子育てでやってあげなければならないことが多いんですね?個性的な女の子を持つお母さんから相談を受けたときそう聞かれたことがあります。その子は人の気持ちを上手に読めないところがあり幼稚園の中でもうまくいかずお母さんは毎日、気疲れでクタクタでした。確かに、「これ以上は」と思うお母さんの気持ちはわかります。そんなときは、トラブルが起きる前に「ひと手間」かけてあげることで結果的に楽になることがあります。たとえば、この女の子の場合、人の気持ちや状況がわからないときはそのつど説明してあげればよいのです。

子どもはとまどって遠慮したり

子育てをする為にはコツがある人づきあいの仕方というものはある程度決まっているので「人づきあいのパターン」を教えてあげることがポイントです。それだけで、集団の中でも楽しく過ごせるようになります。「生きやすさ」は、練習しだいで改善できるのです。また、この女の子には偏食がありました。どうしても、緑色の野菜と魚が食べられません。

しつけとして大切であるという結論が出たからですそこで

子どもの遊びの意義をはっきりと認めることができるお母さんですどうか

子どもには困難に挑戦しようとする意欲が乏しい巧緻性も発達し
これらのこころの反応は、生まれつきの性格だと思われやすいのですが、そうではありません。いつまでも赤ちゃんのこころから卒業できず、青年になっても、べったりと癒着した寄生的なこころの関係でなければ安心できないことの表れなのですこうした理由で、若者の間に性交渉はするが結婚はしないという現象などが起こってくるのです。セックスをする癒着の関係なら安心ですが、少し離れた関係での愛情はわかりにくくて緊張してしまうのです。性のはんらんは道徳の問題以前に、若者のこころの幼児性に原因があることを見て取るべきです。エイズの爆発的増加を防ぐために中学生にコンドームを見せなければならなくなった現代社会の悩みの根源は、母親がゼロ歳の時に抱いて育てず、また子どもが少し成長すれば過剰な口出しを両親がすることで、いつまでも赤ちゃんのこころから卒業できない若者をつくってしまうことにあるのです。

子どもの体をくすぐりながら
「母子癒着」の世界を満喫することが母子を成長させるこのように不幸を自立できない幼児的な青年をつくらないためにも、おしてみる必要があります。私たちは育児の方法について考えなまず何をさておいても、子どもがゼロ歳の時に、母子癒着の世界を母親も赤ちゃんも満喫しておくことが必要です。そして子どもの成長と共に、母親も大人に成長していくことです。それは、神や仏に近い誇り高き母性豊かな女性としての生きがいを見出すことです。過剰な口出しをして子どもを母親の生きがいの犠牲にすることは、真の母性ではありません。

育児に力を入れようとお考えになられたのならば

「ふざけ」を悪いことのように思っている子どもがお母さんがくそまじめであったり、子どもをきちっとしつけようとして、子どもの自発性を抑圧しているのです。確かに、生活習慣はきちっと自立していて、る小紳士·小淑女というわけです。行儀がよく、言葉も正しいのですが、子どもらしさを失っていその点を見抜くことのできない園の先生がいて、「よい子」と評価します。そして、「ふざけ」たり「おどけ」たりする子どもを叱っています。そうした先生もまた、くそまじめで、しつけばかり急いでいます。

子どもはそれだけで安心できるものですですから、叱ることの多い先生です。このような先生によって、子どもの自発性はますます抑圧を受けてしまいま友だちといきいきと遊ぶことのできる子どもにするためには、一日も早くしつけのわく組から解放する必要があります。そして、自由に自己表現のできる子どもに変えなければなりません。幼稚園でも、自由遊びを多くしていて、先生が子どもといっしょになって、おどけたりふざけたりすることが大切ですが、なかなかそのような先生は多くいませんので、園に期待することができないわけです。お母さん、お父さんにしても、くそまじめであったことでよい評価を受けてきているので、なかなかふざけたりおどけたりすることはできないでしょう。

受け止めてもらえることのうれしさを知っている幼児は

最初は大人が疑問を抱くお手本を示せば良い。緒にいて、目にしたものについて、子どもの想像力で何らかの答えを言えそうなものなら何でも良い。そのうち子どもから、疑問をぶつけるようになってくる。疑問を持つと人の脳は自動的に答えを求め出すように出来ているから、これが習慣付くと暇などしなくなるだろう。ただし、度が過ぎる子どももいて親が一緒に考えるのも大変になることもあるが同様に、公園や道ばたを観察しては子どもにとって珍しいものを見つけてやる。

子どもの遊びを

一緒にすごいねぇと話をしていると、やはり子どもは一人ででもその行動をとるようになる。親子の楽しかった経験がそうさせるのだ。更には、家にあるもので工作をしたり、ブロックや積み木などでいろいろなものを作ったり、表現をする。容器などの廃材を見れば、何かに使えそうだと言って目の前で適当に切ったり貼ったりしてみせるだけで良い。とにかく親が楽しそうにお手本を示し続けるのだ。

      コミュニケーションがついたら
      幼児でしたそれらの幼児が
      子どもには教えてあげるように言ってかまわないと思いますそのかわり