子どもの考えていることや意見を言葉で引き出す会話を行うようにしましょう

子どもであれば自発性が発達しているわけですところが

小学校低学年だと10%くらいの子が夜尿症ですが、成長とともに治っていき、12才以上になるとほぼ治ります。家庭では「起こさず、あせらず、しからずの姿勢で見守ってあげましょう。夜尿症には治療薬もあるので、小学生になって本人が治療を希望したときは、かかりつけ医に相談してください。たまのおねしょは、メンタルな原因が。しかったり、気にしたりしないで年長児や小学校低学年の子でも、おねしょをする子は案外いるものです。

毎日ずっと続いている場合は医師に相談する必要がありますが、週に1~2回程度のときは、子どもの気持ちと関係していることが多いようです。たとえば私の教え子に、妹が生まれてから急におねしょをするようになった子がいました。この子の場合は、親の愛情を確かめたい気持ちから、おねしょをするようになってしまったようです。また、親から滟えず「早くOOL緊張やストレスから、おねしょをしたときに親が「今日も失敗したの!?」とせかされている子も、おねしょをしやすいように思います。としかるのは絶対にしないでほしいこと。

幼児は大人と違って


子どものありのままを受け入れ

何故この様な行動をするのでしょう?それは「信頼の確認」です。攻撃を仕掛けた相手が反撃してくるか?を確認しているのです。攻撃を仕掛けても、反撃して来なければ敵ではないと認識し、何度も攻撃しながらどれだけ相手を信頼出来るかを推し量っているのです。人間の歴史を鑑みれば、試し行動が人間にとって、如何に重要であるかを理解できると思います。人間以外にも集団を営む動物はいますが、人間だけが持つ特異性があります。それが戦争です。

育ては家作り!ですね

農耕を始めてからの人類の歴史は戦争の歴史です。人間は、同じ種族の動物同士が集団で殺し合いをして来た特異な動物なのです。集団で戦闘する時に逃げ出す者が出れば、自分や自分の仲間達やその家族が生存の危険に晒されます。その為、いざと言う時に逃げ出さないかを推し量ろうとするのです。それが、人間の本能に刻まれているのです。


子どもはきちんと育つのようにも言われていました

しつけの悲劇はここに始まるテストで完全に全部できるなどというのは人間業ではない

そうなれば、子どもには遊戯治療が早道です。そして、自由に行動ができるようになりますと、いきと遊ぶように変わりぼす。選ぶ友だちもいきいきとした活動家です。一方、友だちと上手に遊べない子どものもう一つの原因は、過保護を受けている場合です。過保護とは、子どもにまかせることが必要なのに、家族の者があれこれと手を貸している育て方です。

子どもに教えるのがいいのではないかと思っています


育児の主任が母親であることは

子どもは、生活上の技術を学ぶことができませんし、世話をしてくれる人がいないと不安になってしまいます。幼稚園に通い始めても、なかなかお母さんの手を離そうとしませんし、園の先生にすがりつこうとします。ですから、友だちと遊ぶことはできません。しかし、先生の誘導によってだんだんと友だちと遊べるようになりますから、通園を続ける必要がありますそれと同時に、家族の者が話し合って、どの点が過保護になっているかを点検してみましょう。勉強への興味はどうやって引き出す?「詰め込み主義」は勉強嫌いを作る「くせをつける」のでなく興味を持たせること小学校に入学すると、早速、勉強のくせだけはつけておきたいと願う母親が多く見られます。フリースクールとは子どもが公衆に

  • 幼児の心理について知らない人が少なくないからです
  • 子どもが何もせず一見ぼーっとしているときでも
  • 子どもにとってなかなか理解しにくい言葉です