幼児に習わせたいと思うし

育児に関心をもっているようなことを言うがその実案外

子どもは6才ごろになると大人と対等に話ができるようになり

すると子どもは「話を聞いてもらった」という満足感を得て、相手の立場を慮れるようになっていきます。「ホメオスタシス(恒常性)」ホメオスタシスという言葉をご存知ですか?知人からこの言葉を聞いた時、なるほどと思い、になりました。ホメオスタシスというのは「恒常性」に逆行する性質ともとれます。という意味で、人間にはもともと備わっているものです。その変化が進化であれ退化であれ、どちらにせよいつもやってきたことが崩れることに対して、人間はもともと抵抗するものだそうです。

幼児にたくさんすることです

つまり、意識してやっとできるようになったことも、その恒常性により「もとに戻ろう」という力が無意識のうちに働くのです。そこを乗り越えて、良くなった状態を当たり前にし恒常化させるまで継続することが重要になります。ぼく自身、さまざまな目標を立て、毎日続けるためにがんばろうとするのですが、ると三日坊主に終わることがあります(笑)。あまりに高い目標を立て続かなければ当然効果はなく、やらなかったのと同じになってしまいます。ホメオスタシスを考えれば、いつもより少しがんばることを継続し、それが当たり前のラインまで上がってきたところで、また少し上を目指して目標を立てるというやり方が、効率よく確実に成果を出す方法なのだと思いますたとえば、一年後にフルマラソンを完走するぞと思って、翌日から四0m走り込める人はいません。

 

しつけに対してえらそうな口をきいている経済界も以前は

子どもの情緒の発達が順調に行われていることを意味しますもしこのころにそこで母親に、彼女が育った頃の家庭の話をたずねました。母親が答えるには、「この子がゼロ歳の時にそんなあらそいが確かにあったように思います。夫側の祖母と祖父はとても仲が悪くて私も苦労しました。しかし、まさかゼロ歳の頃のことを子どもが覚えていないでしょう。まさか……」とつぶやきました。心身症になりやすいほかの原因をもう少し挙げましょう。

子どもに00をさせるということはしませんゼロ歳の時に抱いて育てるのはよいのですが、大人たちが抱き回してはいけないということは前でも述べました。「存在感」の芯になるものが分散されてしまうからです。生後の初期、少なくとも三カ月間は、母親だけがよく抱くことが大切です。そのあとは、父親が抱いても、祖父母が抱いても一向にかまいません。母親以外の人が初期に抱いてはいけないと言っても少しぐらいならよいのです。

幼児によく言うセリフですね

自分で予定をたてさせると、子どもは「勝手に集中はじめのうちは、いきなり言葉で伝える(聴覚からの刺激)だけでは、子どもの理解が難しいことはもちろんあります。画用紙にごじゃる丸のイラスト、バスの絵を描き、それを矢印でつなぎます。それを毎朝見ながら行動することで、視覚からの刺激を使って脳にそのイメージをその場合は、入れることができます。同じように園から帰宅した夕方以降の生活に関しても、とくに毎日繰り返されることに関しては、予定をチャート化して、それに従って行動する1臟をするとかでしょう。そして最終的に、、、「自分で」たてる習慣をつけさせられれば、集中脳は完成に近いと思ってください。

育児の母子手帳小学校四年のときに母を失った

教育はあまりにも女性的であるたとえばお友達と遊んで帰る時刻になっても、楽しくて帰りたくなくなり大泣きすることはよくありますが、うまく脳が育ってきた年長児くらいになると、お母さんが、「明日はまた幼稚園があるから、5時になったらお家に帰って、ご飯を食べて寝なければいけないけど、土曜日だったら次の日はお休みだから、6時まで遊んでもいいよ」「じゃあ今日は我慢してお家に帰る。また土曜に、6時まで遊ぶ」と自分で決めて言うことができるようになってきます。見集中とは関係なさそうに思えるかもしれませんが、こういう子どもは小学生になって、1今11は時からのメを見たいからそれはでに宿題とお風呂と晚ご飯を終わらせようる。そのあとお風呂が30分、ママが晩ご飯は6時からって言ったから間に合う間に合う。ね、11の宿題は計算ドリル1ヅで人休20分で終わるからママ、7時から7時半までアニメ見ていい?」今5時だから5時20分には終わと言える(考えられる)ようになります。

幼児の化学的好奇心の芽を摘まないように

育児は始まる

子どもの心にも温かさが豊かになっていくものです

ただしお母さんが心男の子一人ひとりが必ず自ら育つ力を備えています。しかしお母さんも含めて周りの大人や社会が、その力を信じていません。そして待つことができません。だからいろいろなことを周りの大人がすぐにやってしまい、男の子が本当の力を発揮する機会がなくなっています。その本当の力を待ってあげてください。男の子は叱られるようなことが大好きです。

教育者が年の割に若いのは

お母さんはそのような場面が大嫌いです。けれどそのときに「まあ-いいか!」という、ええかげんな対応をしてあげてください。10回叱ることがあれば、少し減らして半分の6回ぐらいに抑えてもらえませんか。そしてその中でお母さんの思いが伝わるのは、またその半分の3回くらいでどうでしょうか?つまり10戦で3勝7敗ぐらいです。プロ野球の選手でも、つの極意でしょう。

 

育児に対する関心が高まっているように感じられるもっともこれまでも

子どもだけで行動する範囲が広がったら携帯を持たせたほうが安心?8才こうなっては、私が子どもの病気を治すだけでは意味がありません。夫婦が仲よくなければ子どものこころは育ちません。子どもが病気の時こそ、父親は母親の不安や心配を支えて勇気づけなければ夫婦仲はよくならないのです。ですから私は、父親も病院へ一緒に来ていただくのです。子どもの判断·行動の鍵は母親が握る小児外来の診察の時に、私はある実験をよくします。

幼児友だちに興味を持ち始める年齢はそれは、子どもが診察室へ緊張して入ってきた時に私が母親とじゃんけんを五回ほどして遊ぶのです。少しおおげさに勝った負けたと言って、本気になって遊ぶふりをしますと、それを見ていた子どもは、私に対する緊張がすぐにとけて、にこやかになります。私と遊んでもよいという許可が母親からおりたと感じて、母親を介して、私にかかわり合ってくるのですこのような実験をしますと、お母さんはびっくりします。子どものこころの変化の速さにおどろかれるからです。この実験からわかるのは、子どもの判断や行動を決める鍵を握っているのは母親だということです。

育てのためにも

中には、子どもがたどたどしいながらも、せっかく自分で症状を話しはじめているのに、母親が話を横どりして、しゃべってしまうこともあります。これは母親が口出しというやり方で、子どもを自分の所有物にとり込んでいるのです。しょゆうぶつこんな時、「私はこの青年に症状をたずねているのですよ。この青年はもう半分以上は大人なのですから」と私は母親に言います。それだけで、はっと気づく母親も多いのですが、怖い顔をして私をにらみつける母親しばふじん大学受験の日に大学構内の芝生に陣どっている、じられる光景です。

子どもたちをお風呂に入れて

育てるという気持ちが必要になるで息子とお父さんは似たようなものです心配そうな母親の姿は、私どもの年代の人間には奇異に感これらの母親は、青年になった子どもをいまだに自分の所有物のように感じ、です。このような現象を心理学では「母子分離不安」による「母子長期癒着」もづくりです。母親が子離れできていないのと言います。マザコンの子どゆちやくなぜそのように、子離れができないのか、理由はいろいろあります。○母親のこころが未熟で、癒着したこころの関係でないと愛情を感じることができない。

子どもの考えていることや意見を言葉で引き出す会話を行うようにしましょう

子どもであれば自発性が発達しているわけですところが

小学校低学年だと10%くらいの子が夜尿症ですが、成長とともに治っていき、12才以上になるとほぼ治ります。家庭では「起こさず、あせらず、しからずの姿勢で見守ってあげましょう。夜尿症には治療薬もあるので、小学生になって本人が治療を希望したときは、かかりつけ医に相談してください。たまのおねしょは、メンタルな原因が。しかったり、気にしたりしないで年長児や小学校低学年の子でも、おねしょをする子は案外いるものです。

毎日ずっと続いている場合は医師に相談する必要がありますが、週に1~2回程度のときは、子どもの気持ちと関係していることが多いようです。たとえば私の教え子に、妹が生まれてから急におねしょをするようになった子がいました。この子の場合は、親の愛情を確かめたい気持ちから、おねしょをするようになってしまったようです。また、親から滟えず「早くOOL緊張やストレスから、おねしょをしたときに親が「今日も失敗したの!?」とせかされている子も、おねしょをしやすいように思います。としかるのは絶対にしないでほしいこと。

幼児は大人と違って


子どものありのままを受け入れ

何故この様な行動をするのでしょう?それは「信頼の確認」です。攻撃を仕掛けた相手が反撃してくるか?を確認しているのです。攻撃を仕掛けても、反撃して来なければ敵ではないと認識し、何度も攻撃しながらどれだけ相手を信頼出来るかを推し量っているのです。人間の歴史を鑑みれば、試し行動が人間にとって、如何に重要であるかを理解できると思います。人間以外にも集団を営む動物はいますが、人間だけが持つ特異性があります。それが戦争です。

育ては家作り!ですね

農耕を始めてからの人類の歴史は戦争の歴史です。人間は、同じ種族の動物同士が集団で殺し合いをして来た特異な動物なのです。集団で戦闘する時に逃げ出す者が出れば、自分や自分の仲間達やその家族が生存の危険に晒されます。その為、いざと言う時に逃げ出さないかを推し量ろうとするのです。それが、人間の本能に刻まれているのです。


子どもはきちんと育つのようにも言われていました

しつけの悲劇はここに始まるテストで完全に全部できるなどというのは人間業ではない

そうなれば、子どもには遊戯治療が早道です。そして、自由に行動ができるようになりますと、いきと遊ぶように変わりぼす。選ぶ友だちもいきいきとした活動家です。一方、友だちと上手に遊べない子どものもう一つの原因は、過保護を受けている場合です。過保護とは、子どもにまかせることが必要なのに、家族の者があれこれと手を貸している育て方です。

子どもに教えるのがいいのではないかと思っています


育児の主任が母親であることは

子どもは、生活上の技術を学ぶことができませんし、世話をしてくれる人がいないと不安になってしまいます。幼稚園に通い始めても、なかなかお母さんの手を離そうとしませんし、園の先生にすがりつこうとします。ですから、友だちと遊ぶことはできません。しかし、先生の誘導によってだんだんと友だちと遊べるようになりますから、通園を続ける必要がありますそれと同時に、家族の者が話し合って、どの点が過保護になっているかを点検してみましょう。勉強への興味はどうやって引き出す?「詰め込み主義」は勉強嫌いを作る「くせをつける」のでなく興味を持たせること小学校に入学すると、早速、勉強のくせだけはつけておきたいと願う母親が多く見られます。フリースクールとは子どもが公衆に

  • 幼児の心理について知らない人が少なくないからです
  • 子どもが何もせず一見ぼーっとしているときでも
  • 子どもにとってなかなか理解しにくい言葉です

子供の顔が輝いていないとしたら

子どもの気持になって考える力があるかどうかにかかっその翌日

我々人間は決して人間だけでは生きていけない。あらゆる生物のつながりの一つとして人間が存在するだけだ。その生き物のつながりから切り放されては人間は生きていけない。それなのに、不潔だからとか、気持ち悪いからと言って、虫やカエルなどの生き物を遠ざけて、子どもに見せないで育てていくのは危険だろう。犬や猫などは可愛いから近くにいても良いらしく、それらと触れ合っていれば、生き物に対する慈愛の心は十分に培われると思っているのだろうか?それは慈愛などと言うものではない。

愛玩動物と言われるとおり、それは単に愛着しておもちゃのように扱っているだけだ。確かに情が通ってきて、そのペット死ねば悲しみもするだろう。しかし、それは本当に命のつながりを感じてのことか?違う、ただ愛着していたものが消えた喪失感だ。だから、そう言う人はいつまでも命と言うものと本気では向き合えない。どのような生き物であっても命があるのだ。

教育しおもしろくない面のあることにも触れておきたい戦後


教育を忘れた家庭

青二才の教師にこどもをまかせておかれるか、という気になるかもしれない。だからといって、こどもの前で、学校や教師の批判をしても、結果は悪くなるばかりである教育は奇蹟を期待する。理屈だけでは片付かないところがいっぱいある。教わる側で自分の先生ほどいい先生はないと思ったときのみ、奇蹟は起こってくれる。そのためにも、現代においてもオシッコをしない先生がもっとたくさんいてほしいように思うのである。

子どもの成長にしたがって

ニュース恐怖症滋賀県のある町で中学生グループの殺傷事件がおこった。その夜中のことだというからまさに常軌を逸している。いっしょにマージャンをやって同じ家に泊まったこの事件についての新聞報道で気になったことがある。現場を調べた警察の係官が「学校がもうすこししっかりした生徒指導をしていれば、こういう事件も防げたのではないか」とのべたように書かれている。警察はいつから評論家になったのだろうか。


育児の中で行うより仕方ないでしょう

子どもがいろいろがまんをしているようなら

中には学校の勉強は全くできずに遊んでばかりでいた子どもが、大人になって社会できちんと振る舞って要るようなこともある。それを見て、学校の勉強などしなくても良いんだと言う人もいるが、それは考えものだろう。しかし、遊びで得た体験によっては、学校の勉強がかすんでしまうくらいに大きな学びがあることもあるし、それが支えになることもあるだろう。それだけに、親は遊びというものをただの暇つぶしのようにとらえていてはいけない。遊びは学びや体験の場なのだと認識していることで、子どもが小さい時に、意図的に様々な遊びを教えようと思えるようになるだろう。

子どももいますがそのような子どもでも


幼児たちの嬉しい変化や楽しいご報告もあるでしょう

聞けば普通のことと思うかも知れないが、積み木、ブロックはさみと糊を使った簡単な工作しりとり遊び虫採り散歩中の観察などは、大人であれば特に得手不得手の関係無しに、子どもとしてやることができるだろう。少し大きくなれば、キャッチボールをしたり、模型作りをしたりもできる。お金を出して誰かに任せるのではなく、できる限り親が遊びを教えるのだ。親はいろいろと忙しくて疲れているだろう。そのために、おもちゃを与えてがちゃがちゃやらせておけば良いと言うような育て方になりがちだが、また、そのようなことをしていても学びもない。

  • 一三歳のころにいたずらをすることのできなかった子どもは
  • しつけは家庭で行なわれることを知ってもらうことから始まる
  • 育て方でお菓子が欲しいといえば