しつけとして大切であるという結論が出たからですそこで

子どもの遊びの意義をはっきりと認めることができるお母さんですどうか

子どもには困難に挑戦しようとする意欲が乏しい巧緻性も発達し
これらのこころの反応は、生まれつきの性格だと思われやすいのですが、そうではありません。いつまでも赤ちゃんのこころから卒業できず、青年になっても、べったりと癒着した寄生的なこころの関係でなければ安心できないことの表れなのですこうした理由で、若者の間に性交渉はするが結婚はしないという現象などが起こってくるのです。セックスをする癒着の関係なら安心ですが、少し離れた関係での愛情はわかりにくくて緊張してしまうのです。性のはんらんは道徳の問題以前に、若者のこころの幼児性に原因があることを見て取るべきです。エイズの爆発的増加を防ぐために中学生にコンドームを見せなければならなくなった現代社会の悩みの根源は、母親がゼロ歳の時に抱いて育てず、また子どもが少し成長すれば過剰な口出しを両親がすることで、いつまでも赤ちゃんのこころから卒業できない若者をつくってしまうことにあるのです。

子どもの体をくすぐりながら
「母子癒着」の世界を満喫することが母子を成長させるこのように不幸を自立できない幼児的な青年をつくらないためにも、おしてみる必要があります。私たちは育児の方法について考えなまず何をさておいても、子どもがゼロ歳の時に、母子癒着の世界を母親も赤ちゃんも満喫しておくことが必要です。そして子どもの成長と共に、母親も大人に成長していくことです。それは、神や仏に近い誇り高き母性豊かな女性としての生きがいを見出すことです。過剰な口出しをして子どもを母親の生きがいの犠牲にすることは、真の母性ではありません。

育児に力を入れようとお考えになられたのならば

「ふざけ」を悪いことのように思っている子どもがお母さんがくそまじめであったり、子どもをきちっとしつけようとして、子どもの自発性を抑圧しているのです。確かに、生活習慣はきちっと自立していて、る小紳士·小淑女というわけです。行儀がよく、言葉も正しいのですが、子どもらしさを失っていその点を見抜くことのできない園の先生がいて、「よい子」と評価します。そして、「ふざけ」たり「おどけ」たりする子どもを叱っています。そうした先生もまた、くそまじめで、しつけばかり急いでいます。

子どもはそれだけで安心できるものですですから、叱ることの多い先生です。このような先生によって、子どもの自発性はますます抑圧を受けてしまいま友だちといきいきと遊ぶことのできる子どもにするためには、一日も早くしつけのわく組から解放する必要があります。そして、自由に自己表現のできる子どもに変えなければなりません。幼稚園でも、自由遊びを多くしていて、先生が子どもといっしょになって、おどけたりふざけたりすることが大切ですが、なかなかそのような先生は多くいませんので、園に期待することができないわけです。お母さん、お父さんにしても、くそまじめであったことでよい評価を受けてきているので、なかなかふざけたりおどけたりすることはできないでしょう。

受け止めてもらえることのうれしさを知っている幼児は

最初は大人が疑問を抱くお手本を示せば良い。緒にいて、目にしたものについて、子どもの想像力で何らかの答えを言えそうなものなら何でも良い。そのうち子どもから、疑問をぶつけるようになってくる。疑問を持つと人の脳は自動的に答えを求め出すように出来ているから、これが習慣付くと暇などしなくなるだろう。ただし、度が過ぎる子どももいて親が一緒に考えるのも大変になることもあるが同様に、公園や道ばたを観察しては子どもにとって珍しいものを見つけてやる。

子どもの遊びを

一緒にすごいねぇと話をしていると、やはり子どもは一人ででもその行動をとるようになる。親子の楽しかった経験がそうさせるのだ。更には、家にあるもので工作をしたり、ブロックや積み木などでいろいろなものを作ったり、表現をする。容器などの廃材を見れば、何かに使えそうだと言って目の前で適当に切ったり貼ったりしてみせるだけで良い。とにかく親が楽しそうにお手本を示し続けるのだ。

      コミュニケーションがついたら
      幼児でしたそれらの幼児が
      子どもには教えてあげるように言ってかまわないと思いますそのかわり