白髪染めは大事であるが

白髪染めは、当たり前のことではあるが、髪がある人にしか意味がない。
当然、若者には全く関係のない白髪染め。
しかし、あまりにも驚くようなことが起きると、一気に白髪になってしまうということもあるようなので、若者だからと言っても、絶対的にならないということはない。
普通に生活していればならないことだが、白髪一色になってしまったらと考えると、ちょっと恐ろしい気がしてしまうのは気のせいだろうか。
なってしまってから考えればいいが。

髪が少ない人からしてみれば、白髪でも髪があること自体が羨ましいということなので、自分は髪があるという人は、白髪であっても、喜ばなくてはならない。
普通は、白髪になって嫌だなと思ってしまうのかもしれないが、その髪自体がなかったら、白髪染めを使えないのだから。
かつらとか植毛に比べれば、白髪でも自分の髪だということの方が、いいに決まっている。
そのことを、白髪で真っ白になってしまった人は、考えておかなければならない。
http://www.adirondackflorists.com/

自分が不幸だと思っている人は、それよりもっと不幸な人がいるということを知ると、元気になったりする。
そうやって、人と比較をすることで、人間は生きていくものなのかもしれない。
なかなか、考えることが難しいことかもしれないが、結局は、自分の幸せは、自分の感覚でしかはかることができない。
それでも、自分がいいと思っていることを、他人に否定されるとイラッとするのは、そこは自分も自覚している部分があるからだと考える。

Leave a Reply