離婚訴訟を起こすためには

離婚訴訟を起こすためには、その相手となる妻もしくは夫の訴訟によって損害賠償慰謝料を請求が行えるような弱みを握っておくことがその訴訟において勝訴するための重要な事柄となります。

訴訟を起こしても、その慰謝料請求が通らないままに離婚だけを慣行するケースもありますが、通常は慰謝料の支払いを求めての訴訟内容が大半を占めており、純粋に離婚をしたいだけのケースはまれなケースであると言っても良いくらいに少ないケースとなります。

このような少数の離婚訴訟においては、相手側が純粋に離婚を拒否し続けているケースが多く、相手側にその離婚に値するような離婚理由が見受けられないケースが多く存在しますので、その離婚理由を明確にしてから訴訟を起こさなければ裁判所側としても離婚を認めにくいのが実情で、婚姻生活を見直してやりなおすようにと促されることが大変多く存在し、多くの金銭を介する訴訟状況よりもその離婚と言う形態をとる事が困難なことが多いです。

一方で、多くの金銭的なトラブルを有するような離婚訴訟の場合は、金額的な訴訟内容に従事する場合が大変多く、慰謝料がなかったり、小額であればその離婚に応じると言ったケースがその大半になります。

このような訴訟内容であれば、相手の不貞行為などの比較的明確な証拠となる物を提示すると、比較的その訴訟を起こした慰謝料を請求する側の意向に近い判決内容が出るケースが多く、その世帯の経済状況から一般的な慰謝料金額が算出されます。

Leave a Reply