子どもは泣いて自分の要求を叶えてきた経緯があるからですでもそれは

子どもの言葉を引き出す会話をして

幼児に接していると

決して空気中のホコリを眺めているわけではありません。無表情なのはそして、いったん「スタート!」の火ぶたが切って落とされたらどうでしよう。他の追随を許さぬほどの集中力、観察力、持続力を発揮します。静かな、けれど強いオーラを発してその背後には、めらめらと揺れる炎が見えるようです。「もういいんじゃない?」「そろそろおしまいにしようよ」そんな甘い誘惑には断じて乗りません。美学、信念、生きる道です。

幼児が何と多いことでしょうしかし

キッとにらまれます。放っておきましょう。それが彼ら·彼女らの「盛り上がってるか「いえ、べつに」のりの良さにはついてきません。一定なんです、一人でいるのも苦になりません。「熟に時間をさけるからです。類いまれなる頭脳と継続力。機械のように正確かつ器用な指先歩くコンピュータと呼ばれる日も近いでじっくりさんのママが感じること·うまいもんだわ友達と遊んだら^.Tシャツの裾はインしなくていいから、アリ見てないで、キリン見ようよ動物園に来たんだからいいじゃん、手に砂がついたくらい、箱は捨てようよ、箱は”おばあちゃんの発音が気になる「キテーちゃん」「ステッチ」じっくりさんエピソード主人公テレビで見かけた少年鉄ちゃんタイトル「6時5分」文字や数字、考え事LOVE。好きになったら、それ一筋その集中力たるや、大人顔負けです。

 

子どもとともにいて落ちついた生活をすることや

おおらかな気持ちで見守ってあげてください。ケンカで鍛える人間関係力ケンカは本当に悪いこと?「ケンカはダメ!「ケンカは悪いこと!おうちでも、幼稚園や保育園でも、当たり前のように繰り返されますけれど、本当にケンカは悪いことなんでしょ自分のことをわかってもらいたくて、でもわかってもらえなくて、でもうまく伝えられなくて……。上手に言葉にすることができません。男の子はそういうのが特に下手ですから、なおさらもどかしい。相手を押してしまったり、叩いてしまったり、かみついてしまったりするわけです幼い子はそんな気持ちをどうしようもなくなって叩いたり、かみついてしまったりということはもちろん良くはないことですしかし、そうまでして自分のことを理解してもらいたいという意欲は、大事にしてあげたいですよね。

育てや早寝早起きそれがなくなったら、誰とも親密な人間関係の結べない人のことを心から信頼することのできない、どこかよそよそしい人間になっちやうんじゃないかと思います。「ケンカすら」できない人間になっちやうんじゃないかと思います。よく耳にするのが、新入社員をちょっぴり叱ったら、翌日から会社に来なくなっちゃつたという話傷つきやすいんでしょうね。小さいころに、ケンカをしてでも自分を理解し、相手を理解する経験を豊富に積んでいたならちょっとやそっとのことで傷ついて、人間関係を深めることをあきらめるような人にはならなかったのではないかと思います。また、ちょっと利害がぶつかり合っただけで絶交してしまい、本当に以後まったく口も聞かなくなってしまう……とか。

育ての中では自分を認められる脳
幼児に質問を繰り返すことにより

子どもが沢山集まると

これは恐怖以外の何ものでもない。その恐怖を取り除いてくれる唯·の存在。それが親だ。親は子どもがこの世に生を受けてから片時も離れることなく、子どもを守っている(現代ではそうでないことも少なくないが)。子どもに自我が芽生え、親と自分が別々の存在であると認識するまでは、親は子どもにとって自分の命を保証する安全装置そのものだ。だから、子どもは親が離れると、親を求めて泣くのだ。しつけるのではなく


幼児は親に認められたり

命の危機を感じてパニックを起こしているのだ。生まれてから少しずつ、親と自分とは別々の存在であることに気付きだしても、親に守られているから自分が生きていくことができるという事実は変わらない。そして、それは子どもがそう思っているだけでなく、実際に親の多くもまた自分の命をなげうってでも子どもを守ろうと思っている。逆にそう言う覚悟のない親に育てられた子どもは可哀想だ。いつの瞬間も、本当に自分は守られているという安心感を感じることができないで過ごすことになる。