子どもはだんだんに意欲を失っていきます

育てられる可能性もありますが

子どものちょっと前の姿と見比べれば

お子さんは「なぜ公園では走っていいのに、道路ではダメなんだろう」と、走ってよい場所、ダメな場所の区別が理解できていないことが多いのでこのゲームはしつけの一環としても利用できます。章子どもの心がわからなくても自己肯定感や意欲が育っていれば大丈夫です自己肯定感と意欲は子どもの成長にとってもっとも大切なものです気持ちよく、楽しく過ごすためにお子さんがどんなタイプの個性の持ち主であっても大切なことは「自己肯定感」と「意欲」を持つことです。ここで改めて説明すると、「自己肯定感」とは他人から評価されることによって生まれる「自分は大丈夫」「自分はできる」といった肯定的な感情のことです。「自己肯定感」があれば自分の行動に自信を持つことができ、いろいろなことに興味を持って挑戦する人間へと成長できます。成のもな子大欲ととも人間が成長するためには、目の前の課題を越えることが必要です。

伸ばしてあげたい!

したがって、個性豊かなお子さんの場合、年齢に応じた発達課題とその課題を乗り越えるための支援のポイントを知ることが大切ですそうすることで、お子さんが自己肯定感を失うことなく年齢に応じた意欲を持つことができます。「できないこと」よりも「できること」を探してあげましょう個性的なお子さんは「生まれつき持っているカの、デコボコが大きい」ことがあります。「できること」と「できないことの差が極端に大きいのです。だから、できないことばかりを見られると「ダメな子」に思われがちです。でも、「デコボコが大きい」ということは、「できること」のほうに注目してあげると「この子はすごい!」という能力が眠っているかもしれません。

 

子どもに自分はこうしたいという考え方が芽生えたのなら

息子さんは電車好きですか?では乗り物はどうですか?それから昆虫は?お母さんは基本的にあんまり興味や関心が持ちにくいと思いますが、たいていの男の子たちがとても好きなものです。大好物です。保育所などでも、電車や汽車のおもちゃは圧倒的に男の子の食いつきがいいです。出すと取り合いになり、そしてずーっと遊び続けています。女の子はそれを横目で見ながらガキねー!」という感じです。一緒に遊んでいる女の子もいますが、男の子ほど集中していませんし、また遊びも広がりにくい感じを受けます。

幼児は本能的に知っていますだから同様に、これらの図鑑なども男の子は大好きでしょう。ずーっと眺めており、何度も読まされます。絵本と違って図鑑は、物の名前と特徴などが書いてあるだけですから、読まされるほうは苦痛です。ii冗そして仕方なく図鑑を読むと、食い入るように見ます。目をキラキラとさせ、「はしご車の放水のシーン」……その良さがさっぱりわからないところに限って「トラックのタイヤの大きさ」「もう一回読んで!」と食いついてきます。ある意味拷問ですね。「無限車·電車図鑑地獄」です。

成績の悪い子は淋しい思いをしているので淋しい思いをしている幼児は
子どもたちの気持ちも収まりやすくなりまそのとき

育児が行われていますそこで

圧力を加え合うバランスがよくとれていればは健康なのです。「外界」からの多少の圧力には負けずに、主体性を持って、生き生きとした楽な目で、幸福感や愛情に満ちた人生を過ごすことができます。しかし、自分の「存在感」が弱く育っていると、外界からの圧力を強く受けてしまって自分のr存在感」が潰れてしまい、かかわり合いが正常にできなくなります。その結果、緊張、不安、いらつき、怒り、対人·対物恐怖,不登校、不勉強、いじめ、犯罪、殺人、自殺、反社会的行為、シンナー遊び、ノイローゼうつ病、分裂病などのこころの病になるのです。精神科の教科書に書いてある多くの病気や症状は、「存在感」と「外界」との圧力関係で説明できます。教育を受けているのである


この短期記憶をする脳を育てるには

「存在感」をしっかり持っている人の性格とは、どのようなものでしょう。むだな緊張がなく、優しい目つきで他人の目をしっかり見られる。理由もない不安感や孤独感やいらつきをいだいて落ち込むことがない。少し挙げてみます。生き生きとした表情があり、その言動が本心から出たもので芝居がかっていない。自信を持っているので、威張ったり他人の悪口をあまり言わない。