子どもの口数が少なく

幼児に謝ってみてください

子どもの考え方を少しずつ認めるようにしてあげてほしいのです

ともに手を携えて叱らなくていいし気持ち「叱らない」◆ルーティンで叱っても意味がないお母さんが息子さんを叱るとき、「よーし今から叱るぞ!」と、気合いを入れてから叱っていますか?あまりそのようなことはないと思います。よほど大きなことをしでかしたときでしょう。妙に冷静になったり、声のトーンが少し低くなったりして、独特の雰囲気を醸し出していると思います。「ちょっとここにきて。お話があるからね」男の子は普段は何も気づかない鈍感な生き物なのですが、恐怖に対しては意外に敏感です。その瞬間に「あつやばい!」とは思っているはずです。

子どもが実際に事故や事件にあってしまったら

頭の中で高速で、今から何が始まるのか?そしてどうなるかを考えていると思います。(あーなんやろ?むちゃくちゃ怒ってるなぁ、お母さん。隠してたテスト見つかった?コップ割ったことかな?わからんように片づけたのに。それとも妹の人形の髪の毛切ったことがバレたのかな?なんやろー?おそろしや……)まあこのような状況では、息子にはあきらめてもらい、しっかりと叱ってもらったらいいと思います。しかし多くの叱る場面では、ほとんど反射的に「何しているの!」「ダメでしょ!」「やめなさい!」などと言って叱っているのではないでしょうか。

 

幼児とけんか腰になっている例もあるのです

そしてその中でお母さんの思いが伝わるのは、またその半分の3回くらいでどうでしょうか?つまり10戦で3勝7敗ぐらいです。プロ野球の選手でも、つの極意でしょう。3割バッターはなかなかの強打者です。10割を目指すのではなく、3割程度の柔らかさの中で息子を認めて、そして育ててほしいと思います。これが男の子を育てるひと男の子恐るべしです。どこまでも調子に乗ります。とことんいってしまいます。

しつけは熱い鉄を打たなくてはいけないとで人の能力にはさほど大きな違いはありませんが、「やる気」には人によって何倍もの差が出ると思います。ほめることで、子どもがいろんなことにやる気を見せて、好きにそして得意になってほしいと思います。つまり「ほめる」とは、子どもの良いところ、素晴らしいところ、得意なところを見つけて、お母さんがプラスの思いを持ち、それを言葉や表情にして、こうして息子さんが自分自身に肯定的な感情を持ち、ほめてくれたお母さんを大好きになるという、とても好循環のサイクル活動ができます。だからうまくほめましょう。親子の素敵な関係づくりのためにも。良いメッセージを送るということです。どこをほめたら喜ぶのか。

母親の考えた教育を子どもにお
子育てをする為にはコツがある

幼児たちもそれを歓迎するでしょうそして

「ひと手間かけること心豊かな子育てになります「ほかの子よりも、子育てでやってあげなければならないことが多いんですね?個性的な女の子を持つお母さんから相談を受けたときそう聞かれたことがあります。その子は人の気持ちを上手に読めないところがあり幼稚園の中でもうまくいかずお母さんは毎日、気疲れでクタクタでした。確かに、「これ以上は」と思うお母さんの気持ちはわかります。そんなときは、トラブルが起きる前に「ひと手間」かけてあげることで結果的に楽になることがあります。たとえば、この女の子の場合、人の気持ちや状況がわからないときはそのつど説明してあげればよいのです。育てる上での順番や具体的な方法をご紹介していきたいと思います


子どもはとまどって遠慮したり

人づきあいの仕方というものはある程度決まっているので「人づきあいのパターン」を教えてあげることがポイントです。それだけで、集団の中でも楽しく過ごせるようになります。「生きやすさ」は、練習しだいで改善できるのです。また、この女の子には偏食がありました。どうしても、緑色の野菜と魚が食べられません。