子どもがいても戸惑わなくてすむよう

伸ばすように成長する子もいれば

子どもたちの思いがよくわかるからです

それを認められないままでいるとますますつらくなります。自己嫌悪感が続きます間違ったことをしたなと思っていながら、それが新たなストレスの種になります。そうすることではじめて「次からは気をつけよう!」でも、勇気をもって謝ってみると、スキッとするはずです。きな気持ちに切り替わることができます。子どもは「ママだって間違えることがある。

子どもの遊びを見ていてごらんなさいもしお母さんに

でも間違ったらちゃんと謝ることができる。これが正しい姿なんだ」ってことを学びます。対人関係で間違ったって、誠意をもって謝れば仲直りができるということを身をもつて知ります。他人に対する信頼取り乱した親の態度からだって、子どもは多くを学びます。無駄なことなど何ひとつないのです。

 

育て方を具体的にお話していきたいと思います脳

幼いなりにもいろいろなことを任せて、自立のトレーニングをする。そうしたことの積み重ねから、子どもは新しいことを覚える楽しさを知り、未知の世界への好奇心や前向きさを育みます。親が何かと先回りしてしまったり、「子どもなんだからわからない、無理だ」結果、自分で考える勉強が苦手になってしまったという子はいると思いますと決めつけてしまったりしたたとえば中学生で、世界地図のどこに日本があるのかわからないという子もいます。世界地図は何度も見たことがあるはずですし、学校でも習ったはずです。でも、興味をもてないから覚えられないのです。

幼児の行動に対して批判をしたり注意を与えないことが大切であり興味のある子は幼稚園児でも日本の位置を示せます。ではどうしたら興味をもてるのでしょうか。机に向かって黙々と暗記しても楽しくないのは確かです。たとえば食卓の近くに世界地図を貼って、「この前オリンピックが開かれた国はどこにある?」「世界は広いなあ」と食事しながら話しかける。そうしたことから子どもはいろいろなものに興味や好奇心をもつようになります。

教育のために小さいときからよく怪我をしたしかし
しつけをつけないでおいて

幼児の物質的要求を制限し

「すごい!﹂r天才!」など、rさすが!﹂何でも「こんなことができるのは、火にも飛び込むタイプですちゃっかりさんは、何を言っても効きません。そのためガンガン言うことがあります。とがあります。それは人柄と丯柄を分ける」です。人柄とは、性格、その際、ひとつだけ気をつけてほしいこ容姿、生まれなど、どうにもならないここれを言われると、誰でも傷つきます。私も子どもの頃に人柄をつかれ、ぐさっと刺さったことがあります。灯で照らすよう言われました。幼児の養育や


育ての方法なのまた

ですがちゃっかりさんの私のことです、ら揺れ、とうとう父の怒声が飛びました。「何やってんだ!おまえは何にもできないヤツだ!日暮れ時、父にネジ締めする手元を電落ち着きがありません。灯りはくらくびびりましたね、残りましたね、私でも悪いのは灯りを揺らしたことであって、私自身が悪者·おろか者ではありません。指摘すべきは「事柄」です。この場合なら「灯りが揺れてるよ」です。さらに「電灯をしっかり持ってごらん」と改善策を示せばなお結構!そこだけ押さえれば、ちゃっかりさんはこのまま叱ってOKです。