コミュニケーションるのに厳しさって必要なのかなぁ?親が

しつけではありませんしたがって

幼児のよい面を発見して認容することであり

新年を迎えるための年越し行事大晦日一年最後の日、夜は「除夜」ともいわれ人間の持つ百八つの煩悩を取り除くため鐘を百八回つき年越しそばを食べ、一年を振り返ります細かく分けると、まだまだ行事はありますが、んの思い出を作ってください。日常に意味を持たせ、生活の中に季節感を散りばめ、めぐる季節の喜びを子どもと一緒に季節感が無くなったと言われていますが、満開の桜を「美しい」と思ったり、燃えるような紅葉に感動したり、知らず知らずのうちに五感で感じているものです。日本は春夏秋冬があり、本当に美しい国だと思いますどの季節にも自然の恵み、喜び、そして生命を生み出すパワーがあります。何もわざわざでかけなくても、季節を知って味わう喜びは、普段の生活の中で、そしていつも通っている足元にもあります。私の住む町は自然の少ないところです。

幼児たちとともに遊ぶ楽しさを味わいながら

それでも季節感を見出せるのは、自分から目を凝らして探し求める気持ちの余裕だと思います。自宅前の銀杏の木、春になると誰にいわれなくても自然と新芽が顔を出し、日に日に大きく葉を広げ、二三日留守をするとあっという間に大きく青々と若葉が広がって新しい生命のエネルギーにあふれています。秋になれば、徐々に色を変えて次第にハラハラと葉を落とし、辺り一面黄色い絨毯です。これを見るとこちらも生きている実感と喜びを感じます。そういう何気ない自然の変化を感じるものが必ず家の周囲にあるはずです。

 

子どもにまかせることつまり

ほっこリさん▼▼▼「毎日かちかち」大きなほめも叱りもいらないタイプです。ドカンと一発ほめられるより、日頃の承認がほしい子です。育てやすいと言うだけあって、困らせるようなことはほとんどしません。たまに怒るとへこみます。すいんです、夫婦げんかで泣き出すくらい。育児書のバイブルと言われる「ほめも叱りも必要ない」『子どもへのまなざし』を書かれた佐々木正美先生は、と。

幼児のお尻を叩いても練習させようとするでしょうこの考え、ほっこりさんにぴったりです。対談の際おっしゃいまCちゃんという子がいます。く鼻にかけないほっこりタイプ。「すごいね!」、これが周囲からの評価です。「いっつもそう。すごいばっかり言わないで」とか。勉強させれば地区トップ、合唱コンクールではピアノ担当です。

子どもの欲望とかかわりのある定期的なものについては大体の予算が立ちますから
幼児もプレイコナーに行くまでは

幼児の遊びと同じ意義を持って生活をしていることになります

きれい·かわいいと感じる「感性の種」。うれしい、楽しいと感じる「喜びの種」。あげていけばきリがありませんが、このように様々な「種」を子どもは持って生まれてきているんですね。でも、その種の成長スピードはその子によって違うんです。水をあげれば、すぐに発芽し、するすると長いツルを伸ばすように成長する子もいれば、時間を掛けて芽を出して、ゆっくりゆっくり成長する場合もあります。子どもをせき立てたり


子どもをのびのびと

でも、そのスピードの違いを感じるのはせいぜい幼稚園から小学校低学年まで。ある一定時期になると成長のスピードの早かった子も緩やかになり、成長のスピードがゆっくりだった子も早い子に追いついて、それほどの差が無くなってきます。ただ···問題は、子どもがせっかくの種を持って生まれてきているのに、親がその成長スピードを待ってあげる事ができず、せっかく種を持って生まれてきたのに、親がその芽を引きちぎってしまったら、その種は育ちません。やっと芽を出したその「芽」を引っ張ってちぎってしまう事です。せっかくの能力があるのにもかかわらず、その能力を発揮させてあげる事ができなくなってしまうという事はとても多いのですね。一子査ての捉えカー払の場合最初に私がした質問に戻りますね。