きちっと掃除をする子どもは

子どもにとって良い段階

一0四歳で逝った曾祖母は明治生まれの芯のしっかりした人で多くのことを学んだ気がします。時代が時代ですから嫁は嫁の立場で7人分の料理、洗濯、掃除と子育てで自分のピアノレッスンを続けることで精いっぱいの日々でした。そういう中で曾祖母や義母から気づかされることがありました。初めての子育てで子どもが高熱を出したり、大きくなると思わぬ事態が生じたりで私は不安でいっぱいになっていたのですが曾祖母や義母に相談するとどんな時も泰然自若として懐の大きさを見せつけられることがよくありました。曾祖母も義母も戦争を体験し、しかも引き揚げ者で人生経験が違うのだと脱帽でした。

それに、私たち夫婦が子どもを叱った後、気が付くと子どもが曾祖母の部屋で曾祖母と並んで座りTVを楽しそうに見ていることがありました。逃げ場があるということも子どもには必要なことなのだと感じたものです。私の教室は熊本市東部の自宅に併設した帯山と酉部の川尻に二つあります。帯山は熊本市の新興住宅地でどちらかというと地域的な関わりが薄く、親の仕事も会社員、公務員、教師、医者などが多い地区です。四世代同居なぞという我が家の環境は帯山の他の家の環境とは全く違っていました。

子供はそれに答えようとせいいっぱい考えます


子どもたちは自由に野山を駆け回っていたはずです

また、たとえばノートをとるためには指で鉛筆を支え、字を書き取る運動が、できるだけ速い速度で行えるほうがベターです。運動脳は、「スポーツができたほうがいいから」という理由だけで鍛えるのではありません。より人間らしく生活ができるように、鍛えてあげたい部かなのです。「大きな運動脳」は外遊びで転んで鍛える運動には「大きな運動」「小さな運動」の二種類があります(粗大運動、大きな運動は、大きな筋肉を動かして体を大きく動かす運動です。走る、ジャンプするなど多くの動きが含まれます。

子どもを見かけたら

古い脳の基本的な姿勢の維持を司る部介と、新しい脳の大脳皮質や小脳が連合して行う動作です。と言われて動くのではなく、古い脳と新しい脳が上手にでき上がる3歳頃からは、が大切です。大人から「こうしなさい」「ああしなさい」とにかく自分の意思で手足をいろいろな方向にたくさん動かすことたとえば親子でリズム遊びを行っているときでも、多少向きがおかしかったり、リズムに合っていなくても直さないでください。本人のしたいようにさせてあげるのです。公園にある遊具なども、どんどん活用してください。うまく使えなくても大丈夫です。


子どもらしさを押さえつけるためにするのではなく

幼児がいましたが自分で考えてごらん!

別離不安の解消に必要なのが、存在を「感じられる」様になる事です。母親が手を離せない時に赤ちゃんが泣き出したら、まずは赤ちゃんに話しかけるようにします。赤ちゃんが泣き止まなくても、母親が近くにいる事を知らせるのです。そして、徐々に赤ちゃんから母親が見えない時間を増やして行きます。ここで必要になるのが「見えなくても存在する」と言う概念です。

幼児に多く見られます


子どもに聞いて決めさせ

しかし概念だけ持っていても、概念と母親を結び付けなければ役に立ちません。母親と概念を結び付けても、不安が勝ってしまえば泣き出してしまいますので、時間をかけて慣らして行かなくてはならないのです。そこで重要になって来るのが「声かけ」です。赤ちゃんが生まれたばかりの頃から、コミュニケーション的楽性で赤ちゃんとコミュニケーションを続けていれば、別に意識してやるほどの物でもないのですが、あまりコミュニケーションを取らずに育てていた場合は、意識的に声かけをする様に心掛けます。また、声をかけて育てた子供は元気に育つ事が知られています。

  • これまでの多くの園における幼児教育は
  • 幼児なら無数に思いつくと思います電車遊び綱引き
  • 幼児がいれば