幼児がとっても大切なことを学ぶということムシさんたちには申し訳ないのですが

幼児はテレビのとりこになり

がらくた工作がらくた工作で創造力をぐんぐん伸ばす
大人たちの誤解を早く解かなければ」と使命感に燃えてしまうのです。脳が健やかに育った子の乳幼児期を振り返って聞いてみると、ほとんどがそんなにではありません。大人から見ればきかんぼうだったり、手に負えないと思うこともしばしば、むしろ小さいときから、言いたいこと、やりたいことはきちんと主張し、ハチャメチャだったり、という子が多いの他の子と比べればなんだか幼かったり、言葉足らずだったり、る」ということを意識し続ければ必ずうまく育ちます。能力が劣っているように見えたり、親御さんから見れば焦ってしまうことも多いでしょうが、そんな子を「とにかく認めすると子どもは、人生でつらいことや挫折があっても、「失敗しちゃつたけど、いいか」と思えるし、「なんとかなるさ、と、根拠はなくても自信が持てるようになるこんな言葉がけをしてみようこの「とにかく認める」ということが子どもにとっては大事なのですが、意外にこのことがわからない親御さんが増えています。ということは良いところを見つけて褒める、ということではありません。

子どもや家庭を守り家庭の団欒を維持するため家庭が落ちついて楽しい団欒がなくては

「部屋中をおもちゃで散らかすので、子どもを毎日怒鳴り続けてしまう」というご相談がありました。そのお母さんは、子どものいいところなんて全く見つけられない。認めるなんて無理」とおっしゃっていたのですが、「○ちゃんはこんなに散らかった部屋でも平気なんだねぇ~。本当にママとは違うよねえ。ママだったらこんな部屋には一秒もいられないけど」とお子さんに言えますかと聞いたら、お母さんは「それならできる。それでいいんですか?」と答えました。

 

児童とじっくり議論をしよう!

すこしずつ、父親に世話をしてもらう時間を多くするとかして、赤ちゃんにお母さんを奪われたというようなショックをなるべく小さくするのであるこんなことは人の子の親となるのに必須の知恵である。それなのに、無知な母親がすくなくない。だいたい、いたずらをしたり、悪さをしたりするのは、欲求不満が原因であることが多い。大人だってそうだが、ことにこどもは正直に心の動揺が行動にあらわれる。言うことをきかなかったら、どうしてだろうかと考えるゆとりが母親にはほしい。

幼児さんに言われているかもしれません
頭ごなしに叱ったりしては効果がないばかりか、かえって、根を深くしてし学校の先生もこの心理をご存知ないためにとんだ問題児をこしらえている。勉強のできない小学生が何とかして先生の注意を惹こうとする。勉強ではそれが無理なのはわかっている。それでいたずらをする。すると、先生は叱る。叱ってくれる。叱られるのはありがたくないが、無視されるのはもっとつらい。

 

幼児にとっては概念をはっきりとつかみながら学習することになります

ちょっと変わった高所恐怖の治し方を披露しましたが、治療法のユニークさを強調するのが目的ではなく「存在感」というものを身近なものとして実感し、理解していただくために、この治し方の話をしました。つねることがこころと関係あるなどとは考えにくいかもしれませんが、それが実は大いに関係があるのです。安っぽい心理学だなどと、早合点しないでください。心理学をわかりやすくするための大真面目な説明なのではやがてん自分で自分のからだに傷をつけるこころの病じそんしょう自分に痛みを与える話の次に、自分で自分のからだに傷をつける自損症の話をして、うものなのか、という理解をさらに深めていただきましょう。じへいしょうこの自損症は、自閉症の子どもによく見られます。

幼児たちがすでに種を持って生まれてきているからです先ほど私は人は超

夏休み体験それで、高所にいることによってゆらいでいる「存在感」を取りもどせるのです。これを数回くり返すと、恐怖が起こらない自分という自信がついてきます。それで高所は恐怖だという固定観念が少しずつ消えていくのです。こていかんねんこれは一見不自然な、乱暴とも思える方法ですが、実に効果的です。つけ焼き刃の治療法のように見えますが、先に述べたあがりやすい人にも、この「つねり法」は応用できます。